無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

211
2021/04/07

第25話

生活(仮)〈4〉
海人side









今日も先に寝ちゃったあなたの寝顔を見ながら



出会った頃のことを思い出す



あれは確か2年前のこと



あなたは俺の行きつけのカフェの定員さんだった



一応芸能人ということで個室で担当の定員さんがあなただった








あなた

いらっしゃいませ〜

海人
海人
今日はブラックで
あなた

いつも甘いのばっかりなのにほんとに飲めますか?笑

海人
海人
バカにしないでよ笑








俺とあなたはそこそこ仲が良かった




でも俺がジャニーズって知っているのか少し距離があった









あなた

はい、ブラックコーヒーです

あなた

一応砂糖とミルクを置いておきますね笑

海人
海人
ほんとに今日こそは飲めるからね?笑
あなた

頑張ってください笑










コーヒーの横に角砂糖2つとミルク2つが置いてあった



まずブラックのまま飲んでみたけどやっぱり苦くて砂糖とミルク全部入れた



それでも苦かったから定員さんを呼んで追加してもらおうと思ったら









あなた

やっぱり無理じゃないですか笑

あなた

はい、追加のお砂糖です。これごと置いていくのでご自由に追加してください笑

海人
海人
もう少しここに居れない、?
あなた

ごめんなさい、今日はあいにく混んでいて、、

海人
海人
ううん、大丈夫、無理言ってごめんね?
あなた

大丈夫です










そう言って仕事に戻っていった



本当は全然混んでないのに



でもなんで俺あんなこと言ったんだろう、、



後でメンバーに聞いてみるとどうやら俺はあなたさんに恋をしていたらしい









next