無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

第二十六話




























































数日後





















































七瀬ちゃんの心の声
浬……ごめんね……
          七瀬は家を出て熊本の親戚の元へ向かった。




もちろん退職届もだした。




全ては浬の為だった。






主任
主任
天堂先生!!!!
天堂浬
天堂浬
はい?
主任
主任
七瀬ちゃんまた退職届出して……理由を聞いても答えてくれなくて
天堂先生何か知ってます?
天堂浬
天堂浬
七瀬が……すみません今日は早退して七瀬を追いかけます!
          タッタッタッ





















浬は走って自宅へと向かった。






























しかし七瀬の姿はなかった。その代わりに手紙が……






          浬ごめんね…急に家を出て。

私やっぱり東京は合わないし、看護師向いてないのかも

でも安心して!仕事は親戚の人に紹介してもらえるし家もあるから!

浬は別の人と幸せに暮らしてね

七瀬より
天堂浬
天堂浬
七瀬……ん?ここ…濡れてる……
まだ乾いてないから七瀬は近くにいるはず……!!!!
天堂浬
天堂浬
泣いてまで七瀬が家を出る訳が無い!!!!きっと何か理由が
























外で浬は七瀬を探し回る


























天堂先生の心の声
すまん気付いてやれなくて…だけど待ってろよ七瀬!!!!






































それでも七瀬は見つからなかった。




























なぜなら……


































坂中佑奈
坂中佑奈
フッただ家から出ただけじゃ天堂先生に捕まってハッピーエンドになるだけ
もう少し頭を使ったらどうなの?
坂中佑奈
坂中佑奈
天堂七瀬さん?
七瀬
七瀬
そんな…………私殺されるの?
坂中佑奈
坂中佑奈
さぁねここからがお楽しみだよ(*^^*)













































続く