無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

第四十七話







































































~30分後~
医師
血が止まらない……輸血はまだか?!
          その時七瀬はもう顔から血の気が引いていた。
天堂浬
天堂浬
七瀬……生きてくれ……
          浬は七瀬の手を握ったまま倒れ込んだ。
看護師
先生!!!!ようやくAB型の輸血が届きました!!!!
医師
早く輸血しろ!
看護師
はい!

~10分後~
医師
天堂さんは貧血により意識がない状態です
天堂浬
天堂浬
……
医師
しかし双子の赤ちゃんの方は男の子の方が「2503g」女の子の方は「2500g」で
ぎりぎり低体重児を避けられました
天堂浬
天堂浬
よかったです……
医師
赤ちゃんの方は健康ですので安心してください
天堂浬
天堂浬
あの…七瀬は?
医師
天堂さんも健康に問題はありません。しかし数日は意識がない状態が続くと思います
天堂浬
天堂浬
ありがとうございます……
医師
では
          医師が去る
天堂浬
天堂浬
七瀬……(チラッ
( ˘ω˘ ) スヤァ…
晴斗
…zzZ( ¯꒳¯ )
          咲と晴斗は健康に産まれてきたため産まれてすぐに七瀬の所へ戻れた。
天堂浬
天堂浬
すまない……こんな父親で……(泣)
流子さん
流子さん
浬!七子ちゃ……ん
天堂浬
天堂浬
(涙を拭き取る)姉貴……
流子さん
流子さん
七子ちゃん……どうしたの……?
天堂浬
天堂浬
……(出来事を話す)
流子さん
流子さん
七子ちゃん……自分の限界まで無理をするから
流子さん
流子さん
七子ちゃんなら大丈夫よ!だって……勇者でしょ?
天堂浬
天堂浬
あぁ……