無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

第七十六話
ピロン


























































「LINE」


浬)悪い。まだ帰れそうにない。
七瀬
七瀬
……え
七瀬
七瀬
嘘…でしょ……?
七瀬side


浬が迎えに来てくれるってずっと信じてた

ずっとその為にこの1ヶ月生きてきた

心の中が一気に空っぽになり

涙も出ず、悲しいという感情すら感じなかった

もうなんの為に生きたらいいの?
晴斗
うわぁーん😭😭
七瀬
七瀬
…………
七瀬
七瀬
うるさい……!!!
ガチャッ


七瀬は家を飛び出した
七瀬の母
七瀬の母
七瀬?!
七瀬ちゃんの心の声
行く宛ても無いのに飛び出しちゃった

子供…私の大切な子供……

でも見ると浬を思い出しちゃう

あんな暴言をあびせて…私もう親失格だよね……?

でもこれからどうやって生きていけば……?
その時、風俗店の求人が目に入った
七瀬ちゃんの心の声
風俗……

一回風俗で生計を立てることも頭に浮かんだ

でも……浬の事をまだ気に掛けてしまうから

辞めておくことにした

あっそうだ……
七瀬は大手ファーストフード店で働くことにした


接客ではなく厨房で。あまり人に見られないように


そして「新木七瀬」という偽名を使った


それも身元がバレるのを防ぐためだ
店員
新木さん携帯鳴ってるよ?マナーモードにしといてね
七瀬
七瀬
あっはい……すみません
着信があった。何件も何件も。


それは全部


「浬」からだった


浬からのLINEも軽く50件は超えていた


でも、なんで知ってるの?


家を出た日から3日経ってるからお母さんから


聞いたのかな?


でも今は見ちゃいけない

















































































































「「死ねなくなるから」」