無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

💋48🚫
4,818
2021/12/28 15:06








少しの隙間も許さないほど



ピッタリと合わさった、私達の唇









(なまえ)
あなた
ん…ジニ……//
ヒョンジン
ヒョンジン
…もっと欲しい?
(なまえ)
あなた
うん…っ、もっと…//
ヒョンジン
ヒョンジン
っ…いいよ
いくらでもあげる
(なまえ)
あなた
…っ、ふ…んっ//










私の欲望を満たしてくれるかのように



ジニの舌が口内に入ってきた












私の舌を絡めとると



形を確かめるように深くなぞられる












それだけで気持ちよくて



私の身体は確実に快楽を感じていた












(なまえ)
あなた
っふ…は、ん…//










ジニの舌が動くたびに甘く痺れて



精気も強く流れ込んでくる












幸せでふわふわするジニの精気は



やっぱり美味しい…












もっと深く繋がって、全部を味わい尽くしてしまいたい



そんな考えが頭をよぎる












そんな事ダメ…そんな事、望んじゃダメなのに











ヒョンジン
ヒョンジン
んっ…あなた…
(なまえ)
あなた
んん…っ、はぁ…ん
ヒョンジン
ヒョンジン
っ…//










ジニのキスに応えるように自然と舌を動かすと




さっきより強く絡まった気がして…




あぁ…これ…好き











(なまえ)
あなた
んっ…ふぁ、ジニっ…//
ヒョンジン
ヒョンジン
っ……はぁ//










私の昂りに応えるように



ジニの手が頬から下へ、なぞるように動いていく












首筋、肩、脇腹…



どこも触れられるだけで、きもちいい











(なまえ)
あなた
んっ…あ//
ヒョンジン
ヒョンジン
っ!…………
ヒョンジン
ヒョンジン
…………ッッ










だけど…腰までいったところで



その手は再び頬へと、戻ってきてしまう












それに少し物足りなさを感じたのは



…見て見ぬ振りをした









(なまえ)
あなた
ん…、は…っ//










それでもキスは激しさを増して



お互いに夢中で舌を絡ませて、唾液を流しこむ












私のナカがジニの精気で満たされるまで



抱きしめ合いながら深く口づけを交わし合った













next💋