前の話
一覧へ
次の話

第1話

ミミッキュの正体
ユウリ
みんな!今日から新しく入るミミッキュだよ。ミミッキュ、挨拶して。
ミミッキュ
…ミミッキュです。よろしくお願いします。
インテレオン
よろしくお願いします、ミミッキュさん。
ピカチュウ
よろしく!ミミッキュ!
ミミッキュ
ユウリ
ん?どうしたのミミッキュ?挨拶して?
ミミッキュ
よろしく。
ユウリ
よし!それじゃあカレー食べよう!
ピカチュウ
えーまたカレー?
ユウリ
文句言わないでよ。
ユウリ
カレーできるまでみんなで遊んでて。
ポケモン達
はーい!
インテレオン
とは言ったものの何しますか?
ミミッキュ
僕、ピカチュウと話があるから。
ピカチュウ
え!何?告白?大胆!
ミミッキュ
全然違う。
むしろその逆(ボソッ
ピカチュウ
ん〜ひどいやー!
インテレオン
うん…?
ミミッキュ
何?
インテレオン
いえ、何でもありません。私は本でも読んでいるので何かあったら言うんですよ?
ピカチュウ
はーい!
ミミッキュ
分かった。
☆★☆
ピカチュウ
ところで何?話って。
ミミッキュ
実は僕ね、ミミッキュじゃないんだ。
ピカチュウ
ミミッキュ
【フードをとる】
ピカチュウ
君は一体…?
ミミッキュ
僕の本当の名前はポリゴン。20年前の君のご先祖様を恨んでるんだ。
ピカチュウ
僕のご先祖様、なにかしたの?
ミミッキュ
実はあるドラマに僕は君のご先祖様と戦っていたんたけど、分け合って僕は俳優の道を閉ざされてしまったんだ。
ピカチュウ
え…ごめんなさいm(_ _;)m。
ミミッキュ
君は何一つ悪くないよ。悪いのは非が君のご先祖様にあると分からなかったスタッフだからね。
ミミッキュ
僕は何一つ君に恨みはないよ。ただまた俳優になりたかっだけ。恨んでるのは、スタッフだから。
ピカチュウ
(╥﹏╥)
ミミッキュ
もし君さえ良ければ友達になってくれないかな?
ピカチュウ
なる!
ミミッキュ
うふふ、ありがとう。
ユウリ
おーい、カレーできたよー!
ピカチュウ
うん!今行く!
ミミッキュ
(僕は何一つ君に恨みはないよ。たけど僕の狙いはユウリの父親なんだよ。でもまあ、父親はいないみたいだし、まあいいか。)