プリ小説
一覧へ

第3話

意識し始める
放課後になった
ひなの
ひなの
翔、生徒会いくよー
翔
はーい
りお
りお
待ってー、帰りどうする?
太陽
太陽
だよな、前は一緒に帰ってたけど
忙しくなるし、時間も合わないし
ひなの
ひなの
だよね、時間合わないし
待たせるのも良くないから
別々に帰ろっか?
翔
だなー、
りお
りお
分かったじゃあまた明日ね!
太陽
太陽
明日なー!
翔
おう!明日な
ひなの
ひなの
バイバイ
翔、ひなのstory
翔
ひなの、職員室寄って
資料とか持っていかないと
ひなの
ひなの
そうだった、職員室行こっか
職員室についた
ひなの
ひなの
わっ!重っ!
翔
量多くね?
ひなの重そうだな
俺そっち持つから
こっちの軽い方持って
ひなの
ひなの
あ、あ、ありがとう
翔
どうした?
ひなの
ひなの
なんでもない照
ひなの
ひなの
心の中
持ってくれた
なんかドキッとしたような?
翔
よし!行くか!
ひなの
ひなの
うん
りお、太陽story
りお
りお
太陽ー新入生への説明考えた?
太陽
太陽
大体は考えた
りお
りお
そうなんだ!さすが太陽
太陽
太陽
当たり前だろ(笑)
りお
りお
だね(笑)
りお
りお
私部活行く前に新入生に配る手紙とか持っていかないと
太陽
太陽
俺も手伝うよ
りお
りお
ホント!ありがとっ!
心の中
さりげないこういう優しさ
めっちゃ好きだな!
二時間後
翔・ひなのstory
ひなの
ひなの
よし!大体の仕事は終わったね
翔
そうだな!
翔
これからめっちゃ忙しくなりそうだな
ひなの
ひなの
だね!帰りも遅くなりそうだし、少し不安
翔
そういえば、ひなの暗いところ怖いんだっけ?
ひなの
ひなの
べ、、別に。怖くないから
翔
心の中
ホントは怖いくせに
こういう所が
また可愛いな
翔
そうか?じゃあ送っていこうと思ったけどいらないな
ひなの
ひなの
いや、、、えっと、、その
翔
ん?(笑)どうした?
ひなの
ひなの
帰りは一緒に帰ろうよ…
翔
よく言えました
翔がひなのの頭を撫でる
ひなの
ひなの
ちょっと!髪が〜〜
心の中
あれ?なんだろう
この胸の高鳴り
すごくドキドキしてる
りお、太陽story
太陽
太陽
りお、これで全部か?
りお
りお
うん!そうみたい
太陽
太陽
じゃあ早く持っていくぞ
りお
りお
そうだね
後ろから男子生徒が走ってきてりおに、ぶつかり太陽が支えてくれた。
その時太陽の顔の近くにりおの顔があり、、、
太陽
太陽
大丈夫か?
心の中
顔近っ!なんか胸がドキドキ
する。なんだろう?
りお
りお
大丈夫だよ支えてくれてありがとっ
太陽
太陽
おう
作者
作者
作者です!
ここで!ひなのは翔に、太陽はりおに
少しずつ興味を持ち始めます。

これからのstoryも楽しみに待ってくれると嬉しいです。私は気まぐれで書くので(笑)あまり投稿しませんが投稿したとき見て欲しいです
つまらない内容かも知れませんが見てくれるだけで良いので見てください!コメントで感想など指摘などしていただけたら良いなと思っています!よろしくお願いします!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

Chihaya
Chihaya
Chihayaです