第11話

過去
144
2018/06/16 14:51
小島 佳澄
美月〜!
春日井 美月
佳澄?どうかした?
小島 佳澄
どうかした?じゃなくて!
どこ行ってたの?探したよ〜
春日井 美月
あ…ごめんね…ちょっと喋ってて
小島 佳澄
も〜
ま、無事だったんならいいんだけどね!
高校生C
佳澄〜行くよ〜?
小島 佳澄
あ、ごめん、今行く!
小島 佳澄
ごめんね、またね!
春日井 美月
うん…
いつからだろう?あんまり一緒にいなくなったのは…
前まではずっと一緒だったのに…
春日井 美月
え?机に…なんか置いてある
春日井 美月
白い紙?なんか書いてある…
し…ね…?
今井 海斗
美月ちゃん?
春日井 美月
(ビクッ
今井 海斗
何してるの?授業始まるよ?
春日井 美月
う、うん。もう行くつもり
今井 海斗
あれ?小島さんは?
春日井 美月
先行ったみたい…
今井 海斗
そう…一人で教室にいるから、びっくりしたよ?
春日井 美月
ごめんね、海斗くんは何してるの?
今井 海斗
俺?俺は、先生に頼まれたことがあってね、
職員室に行こうとしてたとこ
春日井 美月
そっか、じゃあ急がなくちゃ
今井 海斗
うん、それが職員室の場所わかんなくて…
春日井 美月
あ、じゃあ案内するよ?
次は理科だし、理科室に行くついでに
今井 海斗
ほんと?ありがとう、嬉しいな
春日井 美月
じゃあ、行こう!
数分後
春日井 美月
ここだよ
今井 海斗
ありがとう、行ってくるね
教頭先生
あら?春日井さんじゃないですか!
春日井 美月
あ、教頭先生、おはようございます
春日井 美月
(この人は教頭先生。オネェみたいな喋り方で、生徒には不評)
教頭先生
ちょうどよかった、春日井さんに頼みたい事があってね?
ちょっと来てくれるかしら?
春日井 美月
え、でも、授業は?
教頭先生
私がお話しておくから大丈夫
春日井 美月
あ、はい
移動中
春日井 美月
ここ…?ですか?
教頭先生
えぇ、ここ
春日井 美月
あの、それで、何をすれば?
教頭先生
春日井 美月
あの、教頭先生…?
教頭先生
春日井さんは、ほんと可愛い
春日井 美月
え?あの…
教頭先生
そのすべすべなお肌!綺麗な顔立ち!
人間として最高だ
そう言って、教頭先生は私の顔を触ってくる
春日井 美月
やめて、ください…
教頭先生
私なんか、見られないのに…
春日井 美月
え?
教頭先生
私なんか、何をやっても気持ち悪いと言われるのに
教頭先生
どうして?!私だけが、私ダケ、ワタシダケ
ナノォォォォォォ!?
春日井 美月
え?やだ!助けて…
教頭先生
オマエノニクタラシイカオヲヒキサイテ!
ワタシノモノニ!!!
春日井 美月
いや!やめて!
(ガシッ
教頭先生
ツカマエタ!!
春日井 美月
た、たべ、られる?
春日井 美月
いやぁぁぁぁ!
雪村 蓮
ちっ、いつもお前は!
春日井 美月

蓮!助けて!
雪村 蓮
分かってるつーの!
後で、なんかおごれよ?
雪村 蓮
さーて、遊ぼうか?化け物
雪村 蓮
火の玉でも、食っとけ!!
(ドンッ
教頭先生
キエェェェェェッッッ!!!
マダ…ダ!オワラナイ!
教頭先生
キエェェェェェッッッ!!!
(ドゥシ!
雪村 蓮
うっ!
春日井 美月

蓮!
(ドタドタガラガラッ
今井 海斗

蓮!美月ちゃん!
春日井 美月

海斗くん!
今井 海斗
美月ちゃんを離せっ
(ドンッ
教頭先生
キエェェェェェッッッ!!!
春日井 美月
緩んだ…!
今井 海斗
美月ちゃん!
腕に掴まって
春日井 美月
うん!
今井 海斗
!(すごい暖かい…美月ちゃんを持ってるのに重くない…
むしろ、軽い!これが美月ちゃんの力…!)
雪村 蓮
ふっ、海斗も感じたみたいだな
雪村 蓮
さっさと死にやがれ!化け物!
(ダーンッ
教頭先生
イヤアアァァァァアアアァァァァアアア!!!!
春日井 美月
あ、教頭先生!
今井 海斗
無事みたいだね
雪村 蓮
何が無事みたいだね、だ。
お前がコイツに入れたくせに
今井 海斗

なんの事?
雪村 蓮
とぼけても無駄だからな!
春日井 美月
まぁまぁ、落ち着いて?ね?
雪村 蓮
あ?お前は黙っとけ
今井 海斗
そうだよ、美月ちゃんは口を挟まないで
春日井 美月
え?なんで?
次回に続く…

プリ小説オーディオドラマ