無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

Aボタンの過去…
これは、えとさんの隣の男の子は誰?!(5)の前にAボタンの、過去を知っておこうと言うため。
Aボタンが12才の時だった…
Aボタン
Aボタン
おはよう!!
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
おはよう!!Aボタン!!!今日デートとかいかない??
Aボタン
Aボタン
え!イイネー!行きたい
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
そうこなくっちゃ
Aボタン
Aボタン
(そう彼女は、とても明るい女の子だった、
 彼女といると毎日が楽しく、笑顔🤗になれる日々だった)
Aボタン
Aボタン
(そんな楽しい毎日が、今日のデートで変わった。)
Aボタンの、親友
Aボタンの、親友
オーイ(屮°□°)屮  
Aボタン!!!今日公園で、サッカーし
ようぜ!!
Aボタンの、親友
Aボタンの、親友
いつも暇人な、お前だから、いいだろ?
Aボタン
Aボタン
ごめん!!
今日大事な用事があってさぁー、
明日でいいか?
Aボタンの、親友
Aボタンの、親友
Aボタンに、大事な用事なんて、めちゃくちゃ珍しいなー
Aボタン
Aボタン
あっあははは
(そう。彼女と付き合っていることは、秘密にしているのだ)
Aボタンの、親友
Aボタンの、親友
お前最近、隠し事とかしてるよな~?
Aボタン
Aボタン
いっいやいや、そんなわけないやー
そしてデートの時間
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタン!!!いこ!!
Aボタン
Aボタン
どこいく?
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
あの、公園で、花見したいなー
Aボタン
Aボタン
え?!
(絶対ダメダメ…だって俺の友達が、遊んでるし、大事な用事があるっていったからダメに決まってる…
でも、断ったら、絶対変に思われるし…)  
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
ん?どうかした?
Aボタン
Aボタン
え!そうだ!!!今日俺ん家で、遊ぼうよ!!
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
えー。せっかく春なのに~
Aボタン
Aボタン
でも今日くもりだよ?
Aボタン
Aボタン
せっかくだから、晴れた日に、花見したくない?
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
確かに…
じゃあ、今すぐ、Aボタンの家に、レッツラゴー
信号で…
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
あ!!!
あの、おばあさん危ない!!
Aボタンの、彼女(はな)
Aボタンの、彼女(はな)
おばあさん!!!
あぶない!!!
ドンッ!!、!
Aボタン
Aボタン
え?…
Aボタン
Aボタン
うそだよね…
Aボタン
Aボタン
はな?…
そして、はなは、救急車で、運ばれた…
Aボタン
Aボタン
俺は、はなを…彼女を守れなかった…
俺なんて、怖くて、足も動かなかった…
でも自分の命より、おばあさんの命を、
思って、
交通事故で…
亡くなった
そして、俺は、不登校になった…
でも俺は、こころにちかった
「彼女の分まで、がんばるんだ(。・・)👊」
でも俺は、そのちかいを、後悔することになったのだ…
Aボタン
Aボタン
おっおはよう(久しぶりだから、気まずいな~…)
イジ男
イジ男
おい、お前、彼女の命も守れなかったのかよ~…
イジ子
イジ子
ほんとよ!!
私の友達が、一人へっちゃったじゃないの!!
どうして、くれんの??
先生
先生
Aボタン…
ちょっと校長室に、きてもらう
校長先生がおよびだ
校長先生
校長先生
は~…
Aボタン
Aボタン
あっあの~…
話って、なんですか?
校長先生
校長先生
え?分かんないの?
Aボタン
Aボタン
(そう。この学校は、問題の先生や、問題児が、多いと言われている。
なぜ俺が、この学校にいるかというと、お母さんに、「Aボタンなら、あの学校に行ってもきっと友達できるわよ」「そうだな!お金も、安いから、いいな」「子供に、金かけちゃったら、きりが、無いわ」お母さんもお父さんも、俺は、嫌い
でもそんな俺と付き合ってくれたのが、はなだった。しかもたくさん話してくれた。
あゆとも、親友になってくれた
校長先生
校長先生
ちょっと…何ボーッとつったってんだよ💢💢
Aボタン
Aボタン
すっすみません
Aボタン
Aボタン
(俺は、勇気をだして、言った、)
Aボタン
Aボタン
もう、帰ります…
一生来ません。こんな学校
そして、俺は、学校を出ようとしたとき、思い出したのだった…
あゆとにお礼言い忘れた…
Aボタンの、親友
Aボタンの、親友
おい!!
Aボタン…俺をおいていくのかよ…
まだお別れの言葉とか言ってないじゃん!!
まだ話したいこといっぱいあるのに
あゆとは、俺のために泣いてくれた