プリ小説

第9話

HIGH&LOWTHE RED RAIN
あなたside
ボランティアから帰ってきたらITOKANは定休日になってたし、お兄ちゃん達のバイク以外に知らないバイクが2台あった。

詳しくはないが、いつもお家に帰る時、乗せてもらってるからお兄ちゃんのは分かる。

たまに病院まで送ってくれるけど
あなた

(ドアを開けて顔だけ出す)

ナオミ
ナオミ
あなた、おかえりなさい
あなた

ただいま

(中に入るが中の空気の重さに少し驚く)

、、、お兄ちゃん、、、ただいま

コブラ
コブラ
おかえりなさい
あなた

(コブラの耳元により)私帰った方がいい?

コブラ
コブラ
大丈夫だよ

いとも通りに勉強してな
あなた

うん

(勉強を始める)

雨宮雅貴
雨宮雅貴
何かわかったら連絡頼む

コブラ、この子を頼む
コブラ
コブラ
わかった

雨宮、お前らには色々と貸しがある。これで貸し借りなしだな
雨宮雅貴
雨宮雅貴
貸したつもりはねぇよ

(去る)
コブラ
コブラ
(少し微笑む)
あなたside
お兄ちゃんってわかりやすい

お兄ちゃん、ちょっと嬉しいことある時に見せる顔になってる

多分ヤマトさんもノボルさんもわかってる。

私はたまに見せるお兄ちゃんのこの顔が好き。

でも、大丈夫なのかな。あの人たち
さっき、ノボルさんが九龍って言ってた

九龍は龍也さんやノボルさんを酷い目にあわせた人達。

そして山王商店街の地上げをしてる人達。

昔は、良く私におやつとかくれてたおじさん達も地上げでいなくなった。

もう怖いよ
コブラ
コブラ
(隣に移動してあなたの背中に手を置く)大丈夫か?
あなた

うん(泣きそうになってるが我慢してる)

コブラ
コブラ
(あなたの手を掴んで)こっちおいで

(外に連れてく)ごめん、先に帰らせとけばよかったな
あなた

大丈夫、、、

コブラ
コブラ
我慢しなくていい

(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ
あなた

(抱きついて泣き始める)
。・°°・(>_<)・°°・。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

V6大好き
V6大好き
ジャニーズ大好き AKB48大好き LDH大好き HIGH&LOW大好き スーパー戦隊、仮面ライダーシリーズ大好き 超星神グランセイザー大好き でーす