プリ小説

第5話

S2-1~4
これは無限が解散する前の話
あなた

(まだ中学生)

モー、お兄ちゃんが忘れ物するからやりたいことほっぽっといてこっちこなくちゃいけなくなったじゃん(今に比べてしゃべれてた)

(ITOKANに着く)こんにちは

コブラ
コブラ
あ、あなたありがとう
あなた

いいけど

ヤマト
ヤマト
あなたちゃん久しぶり
あなた

(いきなり背の高いヤマトが来てびっくりしてコブラの後に隠れる)、、、こんにちは

ヤマト
ヤマト
あれ、俺忘れられた?
コブラ
コブラ
あなた、ヤマトだよ
あなた

あ、、、(顔を赤くする)

------------------------
あなた

(心の声)
お兄ちゃんがムゲンに入ったと聞いてからお兄ちゃんがお家に帰ってくる機会が少なくなってきた。

ノボルさんの1件があってから中学に行けなくなった時もナオミさんのお兄さんの龍也さんが受け止めてくれた。

その矢先に龍也さんが亡くなって、ムゲンが解散した。その頃から私は人と話すことが少なくなった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

V6大好き
V6大好き
ジャニーズ大好き AKB48大好き LDH大好き HIGH&LOW大好き スーパー戦隊、仮面ライダーシリーズ大好き 超星神グランセイザー大好き でーす