プリ小説

第8話

HIGH&LOW THE MOVIE
あなた

(心の声)
山王商店街に大きな車が突っ込んできて、ナオミさん連れてかれそうだったんだって

お兄ちゃん達が助けたらしいんだけど

でも、その直後に無名街が焼かれたらしくて

でも、その首謀者が琥珀さんらしいんだって

お兄ちゃんとヤマトさんがあったらしい

でも、1番2人がそれを信じたくないのは私だってわかってる

だって私だって琥珀さんのこと覚えてるもん

いつも喧嘩して帰りが遅くなるお兄ちゃんを待ってる時だって

「ごめんな」

って言ってくれてたもん。

私だって信じたくないよ

コブラ
コブラ
(目線を合わして)あなた、行ってくる

琥珀さん止めてくるから、待っててくれるか?
あなた

(少し不安な顔をするが無理に笑顔を作る)わかった

(ポケットに入れてたミサンガをコブラの手首につける)喧嘩する時、邪魔かもしれないけど、、、これ、、、この前、、、ボランティアで作ったから、、、お守り代わりに、、、私もつけてるから

コブラ
コブラ
(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ

ありがとう
あなた

(少し安心した顔になり)うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

V6大好き
V6大好き
ジャニーズ大好き AKB48大好き LDH大好き HIGH&LOW大好き スーパー戦隊、仮面ライダーシリーズ大好き 超星神グランセイザー大好き でーす