無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

始まり…
先輩
先輩
そうか…あなたにしては
よくやったな
あなた

ふぁ~ねっむ~

あなた

早く帰ろーっと

午後4:52
委員会が終わり今から帰るところだ
先輩
先輩
おい。あなた
書類はまとめたのか?
あなた

(げっ、先輩…!)

彼は、図書委員の先輩…
一応中三という事で私の一つ上の先輩だ
あなた

大丈夫です。
全部まとめました

あなた

にしては、って何ですか!?

先輩
先輩
ふっははw!
なんでもないよw!
先輩
先輩
取り敢えず早く帰れ!
後は俺がやっとくから
あなた

もう…
あ、後はよろしくお願いします!

先輩
先輩
ああ。じゃあな
_______________________
あなた

ん~?何か変な声聞こえる?

あなた

なんて言うか…ぶたみたいな…?

あなた

まっ、気のせいか!
取り敢えず、早く帰って

あなた

ゲームの続きでもしますk((

ゴッツッッッッ!!!!!
さき
さき
痛っ!!!
あなた

いたっ!
えっ!!何!?

あなた

もしや、ぶたが………!?

さき
さき
はぁぁ!?
ぶたじゃないし!
あなた

んっ!?何これ…

さき
さき
もうっ!!
私はさき!
あなた

え?ざきやm((

さき
さき
次の言葉を言うと焼いて
この世から消すわよ
あなた

あ…はい

さき
さき
はぁ…私もだけどあなたも災難ね…
さき
さき
あなた名前は?
あなた

えっとあなたです

さき
さき
私はさっきも言ったように
妖精のさき!魔級3級の
さき
さき
ぼぼ"上級妖精よ
あなた

え?魔級ってなんですか?

さき
さき
魔級ってのは、初級、中級、上級
に別れてるの
さき
さき
そして、1級~12級があって
12級~8級が初級
8級~4級が中級
4級~1級が上級
みたいな感じで位が決まってるの
あなた

へぇ~…

実際は有り得ない事ばかりで
正直頭が追いつかない…
さき
さき
で、魔法使い界ではある
約束事があるの
あなた

ん?

さき
さき
妖精とあった人間は強制的に
魔法使いにならなければいけないの
あなた

え!?

さき
さき
順番はこう
さき
さき
魔法使い界説明

魔法文具を買う

入学試験を行う

魔法学校に行く
あなた

あ、ちょっと待って!

あなた

私、人間の学校あるんだけど!

さき
さき
あ!それは大丈夫!
あなた

大丈夫って?

さき
さき
人間界の学校の時間が
午前8:00~午後5:00
くらいなら
さき
さき
魔法使い界は、
午後11:30~1:30
だから2時間だけなの
あなた

あっ…私1時まで
起きてなきゃいけないのか…

さき
さき
あ!その辺も大丈夫
さき
さき
2時間分の睡眠を魔法で取らせてくれ
てるから眠たい事はないと思うよ!
あなた

そっか~!
取り敢えず準備万端なのか!

その後私は家に帰るまで魔法使い界の
ルールなど色々な事を教えられた
さき
さき
まっ、こんな感じね
あなた

おお~!

さき
さき
じゃあ、今日は魔法文具買いに行くから
ちゃんと準備しててよ!
あなた

え!?き、今日!?

さき
さき
当たり前じゃん!
あなた

ん~…わかったよ~…

さき
さき
じゃあ、今日の午後11:30ね!
あなた

は〜い

あなた

ただいま~

お母さん
お母さん
あら、おかえり~あなた
あなた

(先に勉強しようっと)

ガチャ…
あなた

よし!やるか

午後7:32
お母さん
お母さん
あなたーご飯よー
あなた

はーい

_______________________
11:18
あなた

ふぅ~さきが、来るまで
もうちょっとかなー

さき
さき
あなた!落下に注意ね!
あなた

え!?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

⚓ゆっか⚓
⚓ゆっか⚓
こんにちは! ミステリー謎なことが 好きなゆっかです!! 小説を書いていくので よろしくお願いします! 土日祝日は基本休みです! フォローは返します!
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る