無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ピコンッ

『昨日は大丈夫でしたか?』
ダヒョン
……さすが黄金マンネ
「大丈夫です!ありがとうございます!!!!!」


『それは良かったです☺️』
なんだろう、文字だけで伝わってくる可愛さ。
それで終わったかと思いきや、

『仲良くしてください!』

なんて来た。とっさに
「はい!」
うわ、可愛くない。もうちょいスタンプとか使った方がいいのかな。

『ダヒョンちゃんって呼んでもいいですか?』


「全然大丈夫ですよ!敬語も使わなくて大丈夫ですよ、先輩なんですし」


『そう?じゃタメにする!』


「はい!」

いや、てか元彼のグループの人と何仲良くなってんの。
『また番組一緒になったらおしゃべりしようね〜』

「はい!」

さっきからはい!しか言ってないや笑

…てか男の人とこんなにカトク続いたことない。


ユンギはいつも……


ってなんでもかんでもあいつに繋がってるし。


早く吹っ切らないと。