無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

この時期って歌番組とか授賞式多いから嫌でも一緒になる。

仕事って割り切ってはいるけど気になる。


それに何故か毎回座席近くて楽屋も隣同士。


何か仕組んでんのかって疑うほど。
トイレ行こうと楽屋を出た瞬間、
ユンギ
ジョングク
あ!
隣から同じタイミングで出てきた2人。振り返ってドアを開けようとした瞬間、
ジョングク
ダヒョンちゃん!どこ行くの?
レディにそれはないよ、黄金マンネ。
ダヒョン
…お花を摘みに行こうと
ジョングク
それトイレでしょwww
あぁ、そうですとも。お願いだからユンギの前で話しかけないで………。
ジョングク
僕も行くんで一緒に行こう!
……ん?男とトイレ?
ジョングク
ユンギヒョンも行く?
ユンギ
…………いい
ジョングク
そ?じゃあ行こう〜
ダヒョン
え、あ、ちょ