無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

DHside.
1人なのはいいけど、する事なんもない。

てか、気持ち悪っ……。

ソファに寝転んでテレビをつける。

昨日何したっけ、?
サナオンニに連れられて防弾少年団マンネ3人組と飲んで……あ、飲みすぎたのか。


ピコンッ ピコンッ ピコンッ

連続でなる携帯。
携帯の画面には見覚えのない名前。
ダヒョン
……え
“ジョングク”

“テヒョン”

“ジミン”

ちょ、え、何で。

急いでカトク開くと新しい友達の所に3人の名前が。

みんな「よろしくね!」って。

とりあえず全員に「よろしくお願いします」とだけ返した。

なにか言った気はする……けど、思い出せない。
?「ただいま〜」
この声は……
ダヒョン
サナオンニ!
昨日何した!?
サナ
昨日〜?やらかしてたね笑笑
ダヒョン
ちょ、え、待って。
何した?
サナ
ユンギさんのこと話してたじゃん。
忘れたの?
ゆ、ゆ、ゆ、ゆんぎ!?
ダヒョン
私何言ったの!?
サナ
さぁ〜?笑
ダヒョン
それに!
連絡先交換してるんだけど!?
サナ
それも覚えてないの?まぁ、いいじゃん
全然よくない!