無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ダヒョン
すぅ…はぁ…すぅ…はぁ…
待ち合わせの10分前。どうせユンギは遅い。その待ってる時間が緊張するんだよ……
ユンギ
何してんの
ダヒョン
うあっ、と……お疲れ様です
ユンギ
……おう

とりあえず私はオレンジジュース、ユンギはコーヒーを頼んだ。
ダヒョン
……
ユンギ
……
私が話さなきゃ。
ダヒョン
ねぇ、どうして別れようって言ったの?
ユンギ
ダヒョン
別に未練……とかないけど、
理由教えて欲しい

何言ってんの、未練タラタラのくせに。
ユンギ
……信じてくれないだろうけど、
守りたかったから
守りたかった……?
ユンギ
俺たちにはサセンが多い。どこに行くにもつけられてる。お前だけ……お前だけは傷つけたくなくて
ダヒョン
……って、?
ユンギ
おい?
ダヒョン
そんなことだけで別れるって?
ダヒョン
私はっ、そんな事で別れたくなかった…!…私だけユンギに守られてばっかじゃん!そんなの嫌だっ