無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

.
テヒョン side





窓から差し込む太陽の光ががあの白い肌を照らす


それは何度見ても綺麗でつい見とれてしまう .



ジミン
お い !
テヒョン
あ、 ごめん
ジミン
また ぼーっと してたぞ ?



最近ぼーっとすることが多い 。




それは″ 綺麗 な あの子 ″に見とれているから 。