無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
141
2021/08/23

第1話

Prologue
君は綺麗だった。
仮面を被った僕たちは、星の光る空の下で、踊った。
踊り狂い、お互い惹かれあっていたはずだ。
僕は記憶のない内知らない間に知らない場所にいた。
でも貴方をもう一度見たかった。
僕は、その世界に“落ちた”。
“あれ”も兼ねてー