無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

387
2020/10/14

第10話

銀さんは貴方の事が……
(なまえ)
あなた
た~だいまぁ~
坂田銀時
坂田銀時
やっと帰ってきたか
神楽
神楽
もう晩御飯出来てるアルよ!!
(なまえ)
あなた
あ、オッケーオッケー
坂田銀時
坂田銀時
にしてもあなた、何で今日は帰りが遅かったんだ?
(なまえ)
あなた
マヨラーを毒殺しようって言われたから総語の手伝いやってた
坂田銀時
坂田銀時
マジでか
(なまえ)
あなた
で、マヨラーから逃げて帰ってきたw
神楽
神楽
あなたがやりそうなことアルな!w
(なまえ)
あなた
神楽は良くわかってるな~w
神楽
神楽
同じ兎夜だからネ!
(なまえ)
あなた
そっかそっかw
坂田銀時
坂田銀時
(俺空気じゃん)
食後
神楽
神楽
あなた~一緒に寝よ~ヨ
(なまえ)
あなた
いいよ
もちろんあなたはお風呂に入りました
…………何だろうころ気持ち……あなた対しての気持ちか?……いやコレは「嫉妬」てやつか?多分総一郎君に嫉妬してるな……



























































































































……俺はあなたに惚れちまったんだな……ぜってーにあんなクソサドな奴にあなたは渡さねェ……


ー ー ー ー ー ー ーキリトリー ー ー ー ー
作者
作者
今回は銀さんがあなたに惚れた場面を書きました!
坂田銀時
坂田銀時
次回も見てくれよな
(なまえ)
あなた
せ~の
全員
全員
ばいちゃ!!