無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

初めての東京暮らし。
(倫)
私は、実家暮らしから、
一人暮らしを始めた。
今、流行りのシェアハウスに
住むことにした。

渋谷駅に近い所だ。

家具も着いている所だから、何より
貯めた貯金を無駄には出来ないし、
お金がないので、家具付きを選んだ。
車は、実家においてきた。
親に、車は置いて行け。と言われたから。

北海道は、車がないと不便だが、東京は車がなくても、暮らしていける。


私の渋谷のイメージは、若者の街のイメージで実際に行ったことがないから、どんなもの
なのか、分からない。
そんなんで、一人でやっていけるのだろうか。
実家にいた時は、全部なんでもやって貰って
いたからだ。

ー不安で仕方がないー


30にもなって、情けない(T ^ T)