無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

ダーモト、 媚薬プレイ🔞 続き
続きです!






あっという間にダーマが上になった
モトキ
モトキ
え?ちょ!急に…動く、なぁぁ!!
パンパンパンパン
モトキ
モトキ
ア゙ア゙!!ダメっ///// イクッ!?イっちゃう!!
ダーマ
ダーマ
ハァ、媚薬ってこんな効くんだな。
モトキの喘ぎながら泣く姿に、ダーマは
ゾクゾクする気持ちを抑えられなかった。



どんどん、動きが激しくなっていく。
モトキ
モトキ
ダメっ!!ア゛ァ゛ー!!  ウ゛ッ!?
ダーマ
ダーマ
くっ、しまった…イクっ/////
モトキ
モトキ
ハァハァ
モトキ
モトキ
ダーマの、…来たぁ/////
ダーマ
ダーマ
よし、ちょっと休憩したら、第2ラウンドな?
モトキ
モトキ
ハァ、ムリだ、って…ハァ
※結局、第2ラウンドまで行いました。


ダーモト 媚薬プレイ完成!!


リクエストありがとうございました!