無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ダーモト 媚薬プレイ
ドSなダーマと照れ屋なモトキ。

付き合ってる。
ダーマ
ダーマ
入るー
モトキ
モトキ
はーい、
新居初めての玄関前ダンスだったね笑
ダーマ
ダーマ
キレッキレだろ?
モトキ
モトキ
どうだか、
ダーマ
ダーマ
見ろこれ、
激辛ジュース。
ダーマ
ダーマ
ほれっ!
あげるよ(媚薬入り)
モトキ
モトキ
なんで、来てそうそう辛いもの出すかなー?
モトキ
モトキ
ゴクゴク
うん、中辛くらい、
ダーマ
ダーマ
ふーん、つまんな
モトキ
モトキ
ねースマブラやろ?
数分後…
モトキ
モトキ
ハァハァ…
ダーマ
ダーマ
何?うるさ、
モトキ
モトキ
なんか……入れた…?
ダーマ
ダーマ
なんかって?
モトキ
モトキ
その…あの、媚薬(小声)
ダーマ
ダーマ
え?入れてないよ?
ダーマ
ダーマ
どうした?ムラムラしてんの?(¯v¯)
モトキ
モトキ
ちがう!!/////
ダーマ
ダーマ
じゃあ、ゲーム続けんぞー
モトキは顔を真っ赤にしながら、悶えている。

1度でも触ったら、快感の並に飲み込まれそうだったから、

だから、触らないように…

しかし、モゾモゾが隠しきれていない。
モトキ
モトキ
1人にさせてくれない?
ダーマ
ダーマ
1人でスるの?
モトキ
モトキ
なっ!?違っ!!(図星)
ダーマ
ダーマ
じゃあ、お前から来いよ、
俺をその気にさせて?
ダーマ
ダーマ
そしたら構ってやるよ。
モトキはダーマを押し倒し、馬乗りになった。
ダーマ
ダーマ
慣れてないねー
チュ、チュパと激しく音を立ててキスをした。
ダーマ
ダーマ
ん、早く入れろよ
ダーマは裸で待っている。
モトキ
モトキ
う、うん
ズプッ
ダーマ
ダーマ
上、慣れてないんだな
まだ、3分の1も入ってない
モトキ
モトキ
ハァ…ハァ…うっ/////
モトキが全部いれ終わると、気持ちいいところばっか当たっている。
モトキ
モトキ
うっ、あたってる/////…ハァハァ
ダーマ
ダーマ
早く動いて、
ヤる気なくす、
ダーマ
ダーマ
1回動かしてみろ?
モトキ
モトキ
う゛ッ!?
モトキ
モトキ
はぁ、ムリ…
ダーマ
ダーマ
じゃあ、あと2回で許してやる。
モトキ
モトキ
うんっ…ハァ///// あ゛ッ!?
ダーマ
ダーマ
はい、ラストー
モトキ
モトキ
ん!ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙/////
ダーマ
ダーマ
よく出来ました。
続く。