無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第109話

☆101☆
雄登side

仕事終わりに岸くんから急に電話が来て、
病院に来てって言われて、今着いたところ。


.....あなたのことじゃないといいけど。


っていうか、あなたがいたら、喧嘩してから一切会ってないし、
ちょっと気まずいかもw



でも、あなたに何かあるのは嫌だ....
ーーーー病院ーーーー
雄登
雄登
あ!岸くん!
優太
優太
あ!来た!
雄登
雄登
あの、これってなんで俺が呼ばれたんですか?
優太
優太
.......あなたが記憶喪失になった。
雄登
雄登
.......え?
ど、どういう風にですか?廉くんみたいに半年とか?
優太
優太
.....俺らのこと。
雄登
雄登
え?
優太
優太
キンプリでいた記憶やキンプリの記憶全て。
雄登
雄登
え。
優太
優太
ジャニーズでいたことは覚えてるんだけど、
あなたはソロで活動してた風に覚えてるらしくて。
雄登
雄登
そうなんですね.......
優太
優太
それで、なぜか廉のことを怖がってる。
だから、那須くんのこと呼んだんだよね。
雄登
雄登
え?
優太
優太
廉のことを覚えてない以上、あなたのことわかるのも、
あなたが信用できるのも那須くんだけかなって。
雄登
雄登
.......でも、俺ら喧嘩したんです.......
優太
優太
え.......でも、今のあなたには那須くんしたいない.....
喧嘩の理由はわかんないけど.......お願い。これは本当に那須くんにしか頼めないことだから!!
雄登
雄登
....わかりました。
病室ってどこですか。
優太
優太
ありがとう....着いてきて。
雄登
雄登
はい。