無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第51話

☆47☆
今日はソロだから、1人で、撮影。
でも、1人でよかった。

1回落ち着いて、1人で考えてみたかったから。




雄登は今まで、ずっと信じてきてくれた。

私のことは絶対に裏切らないで、喧嘩してもすぐに仲直りして、
キンプリとか他のところで何かあってもすぐに助けてくれた。
そんな人が裏切るなんて考えられない。



でも、だったらなんであの時なにも言ってくれなかったの?

何か言ってくれたら、よかった。





雄登が言ったら信じた。

どんなことでも信じたのに




やっぱり、♪♪ちゃんの言ってることが本当だから??


そんなことはないと信じたいけど、
もう、信じれないかもしてない。












ねえ、雄登は今、なにを考えてるの??





♪♪ちゃんのこと?

☆☆くんのこと?

みんなに疑われたこと?

それとも言い訳?














雄登、答えてよ.......







コンコンッ
あなた
どうぞ〜
撮影の時間ってまだまだ先のはずなんだけど?

どうかしたかな?
飛貴
飛貴
あなた!!
急いで!!那須が!!
あなた
え?