無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

☆11☆
って前の私なら思ったよね。

雄登の言葉忘れてないよ。



あなた
私は何か事情があったって信じてるから。
ーーーー数分後ーーーー
あなた
もうそろそろ楽屋戻ろw
ーーーー楽屋ーーーー
あなた
ただいま〜
キンプリ
キンプリ
おかえり〜
廉
.......
帰ったら💙💙ちゃんはいなかったけど、全く廉が話さないw


ちょっと遊ぼっかな?w
あなた
廉、さっきのなんなの?
廉
それは.......
勇太
勇太
え?さっきのってなに?
あなた
廉が、💙💙ちゃんと抱き合ってた。
廉
ちゃう!
それは!!
あなた
それはなに?
廉
💙💙が虫がおったけん、びっくりして抱きついてきたんやって.......
すっごい理由w
あなた
へー。
そんな理由誰が信じる?
廉
ほんま何やって!
あなた
.......wwwww
廉
え?
あなた
うそうそww
分かってるよww
廉
え?なんで?
あなた
いや.......なーんとなく!
廉はそんなことしないし?
廉
ほんまに!?ありがとう!
あなた
いいえ〜w
これで一様💙💙ちゃんのことは解決?





































でも、この後もっと大変になることは誰も知らない。