無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

☆43☆
なんで雄登は話してくれなかったの......



本当に雄登が?


いや、雄登に限ってそんなことあるわけない。







でも、どこかで考えてしまう。


飲酒のことを話したから、なにを話したか言えないんじゃって。









最低な親友だよね。




ずっと見てきてくれた人のことを信じれないなんて。




でも、逆になんで
あなた
雄登はなにも言ってくれなかったの?
違う。

雄登は違う。





って考えるたびに疑ってしまう。








雄登はなにを考えてるの。

もう、わかんないよ。