無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第49話

☆45☆
ーーーー帰り道ーーーー


みんなに疑われて、1人の帰り道。


それはいつもより静かで、まるで俺しかいないみたいに。
ファン
あ!あの!那須雄登くんですよね?
あ。1人じゃなかったw
雄登
雄登
はい!そうですけど?
ファン
ファンなんです!!
雄登
雄登
.......ありがとう!
ファン
じゃあ、これからも頑張ってください!!
雄登
雄登
うん!ありがとうね!
ファン
あの、最後に握手いいですか?
雄登
雄登
いいですよ。
[手を差し出す]
ファン
ありがとうございます!!
[手を握って引く]
雄登
雄登
え?
ファン
チュッ
は?今......当たった?.......
雄登
雄登
は?
ファン
那須くん、すぐにこんなことされるから撮られるんですよ?w
雄登
雄登
え?
ファン
明後日の文春、楽しみですね!w
雄登
雄登
は?お前、どう言うこと?なに言ってる?
ファン
まあ、明後日の文春みてください!
あと、私を雇ったのは♪♪って言う人です!
[逃げる]






雇った?


キス?


文春?





なに、また撮られた?

また?





次こそ、本当に誰もしんじてくれない。







もっとなんで警戒しなかったんだろ。



メンバー、先輩、後輩。

そして、あなたに迷惑がかかる....













本当に俺ってバカだな............















みんな、本当にごめん。