無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第131話

☆120☆
飛貴
飛貴
話さなきゃいけない事?........
雄登
雄登
.......大体分かってるだろ。
飛貴
飛貴
やっぱり、あなたと何かあったの?
雄登
雄登
.........あったって言うか、俺が悪い。
飛貴
飛貴
なに??また喧..
雄登
雄登
廉くん....キンプリに関わらないでって言った。
飛貴
飛貴
........は?
雄登
雄登
.......あなたの記憶喪失は廉くんのせいだから、
キンプリに関わると、あなたをまた危ない思いさせるからって言って.........
飛貴
飛貴
お前.....分かってるのかよ!!!!!
雄登
雄登
..........
飛貴
飛貴
那須がそんなこと言ったせいで、あなたの記憶が戻るのが
遅れたのかもしれねえんだぞ!?!?
雄登
雄登
......分かってる.......
飛貴
飛貴
じゃあ、なんでそんなことしたんだよ!!!!!
あなたのこと1番分かってやってんじゃないのかよ!!!!!!
雄登
雄登
........嬉しかった。
飛貴
飛貴
.....え?
雄登
雄登
....あなたは俺にちゃんと恋愛で好きって言ってくれるなんて思ってなかった。
一生言ってくれないんじゃないかって思ってたから、言ってくれたらすげえ嬉しくて、
あなたのことを離したくないって思った......
飛貴
飛貴
........
雄登
雄登
でも、あなたの記憶が戻ったら、もう話せないんじゃないか....
あなたは離れていくんじゃないかって考えて.......
もう.....俺には......あなたしかいないのに......
飛貴
飛貴
那須、バカ?
雄登
雄登
は!?こっちは真剣に!!
飛貴
飛貴
.......俺だって、あなたに恋愛で好きって言われたら、
すっごい嬉しいと思うし、正直那須じゃなくて俺だったらよかったのにって思ってた。
雄登
雄登
........
飛貴
飛貴
ただ、あなたともう話せたいとか離れていくのは違うだろ?
あなたと那須はずっと一緒だったんでしょ?
今更、あなたが離れるわけないじゃん。
雄登
雄登
.........
飛貴
飛貴
それに、那須にはあなただけじゃない。
俺だっているし、美少年のみんなや、Hihi Jetsのみんなだってそうだし、
ジャニーズのみんなは那須の味方だよ。
あなたの方が信用できるかもだけど、俺のことも信用してくれない?
俺は那須もあなたもずっと一緒にいたい存在だから。
雄登
雄登
.........ありがとう。
飛貴
飛貴
じゃあ.....あなたのところ行く?
雄登
雄登
.......うん。
あ。あと、ちょっとやりたいことがあるんだけど。手伝ってくれる?
飛貴
飛貴
え?やりたいこと??