無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

☆48☆
ーーーー病院ーーーー


今は、美少年と雄登の病室の前で座ってる。
でも、


'' 那須が倒れた!! ''
飛貴のその声がずっと頭から離れない。

なんで雄登が?
なにがあったの。
医者
[部屋から出てくる]
あなた
あ!雄登は!?雄登はなにがあったんですか??
医者
落ち着いてください。
那須さんは、ストレスや睡眠不足で倒れただけだと思います。
すぐに良くなります。
あなた
よかった.......
でも、ストレスって........
医者
もう、病室に入って大丈夫ですよ。
あなた
ありがとうございます。
医者
[去る]
あなた
じゃあ、みんないこ?
美少年
美少年
.......
(雄登以外)
あなた
みんな?
龍我
龍我
ごめん。今はちょっと会えない。
あなた
.......そっか。
直樹
直樹
ごめんね
あなた
ううん。
仕方ないよ。
じゃあ、行ってくるね。
飛貴
飛貴
.......ま、待って!
俺は行く!!
あなた
飛貴......
じゃあ行こっか。
飛貴
飛貴
うん。
ーーーー病室ーーーー
病室に入ると、雄登は目を覚ましてベッドに座っていた。
雄登
雄登
あ.......あなた.....浮所....
雄登....今までにないぐらい弱ってる.......
あなた
雄登。
倒れたの覚えてる?
雄登
雄登
ん....良く覚えてないかもw
飛貴
飛貴
.......楽屋に来て、荷物の整理してたら、倒れたんだよ。
雄登
雄登
あっ....そっか....
あなた
雄登、大丈夫??
雄登
雄登
え?....なにが?...
あなた
倒れた理由がストレスとか睡眠不足とかって聞いたから.......
雄登
雄登
そっか....全然大丈夫だよw
あなた
大丈夫じゃないじゃん。
倒れたんだからさ。
雄登
雄登
でも.....それぐらいあなただってあったでしょ?....
あなた
.......
それ言われたらなにも言えないじゃん.....
あなた
じゃあさ、♪♪ちゃんとなに話してたか教えて?
雄登
雄登
..........ごめん。
あなた
.......なんで答えてくれないの?
そんなことされたら、雄登のこと信じたいのに信じられなくなるよ!!!
飛貴
飛貴
あなた、声おっきい。
あなた
.......
雄登
雄登
言いたいけど.......ごめん.......
でも.......俺のことは信じててほしい...
あなた
.......私だって信じたいよ.......
雄登
雄登
じゃあ.......信じてて.......
あなた
信じてって言うなら、全部話してよ!
雄登
雄登
.....グスッ.......ごめん.....
[泣く]
あなた
ッ!?.......もう、雄登のこと分からないよ....
[部屋を出ようとする]
雄登
雄登
待って!
雄登はベッドから出て、私を後ろから抱きしめた。
あなた
離して.....
雄登の手.....震えてる.......
雄登
雄登
お願い.....信じて.......
あなた
.......
飛貴
飛貴
.........
[あなたから雄登を離す]
那須は倒れたんだから、ベッドにいて。
[雄登をベッドに連れて行く]
雄登
雄登
.......
飛貴
飛貴
あなた、帰るよ。
[あなたの手を引いて、部屋を出る]