無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

☆28☆
ーーーー家の前ーーーー
あなた
2人とも本当にありがとう!!!
飛貴
飛貴
いえいえ〜✨✨
あなた
2人は大丈夫?
優太に送らせようか?
雄登
雄登
いやw俺ら男だから大丈夫だってw
あなた
でも〜
飛貴
飛貴
大丈夫だよw
あなた
んー。まあ、分かった。
雄登
雄登
じゃあ、また明日〜
[歩いていく]
あなた
うん。明日〜
飛貴
飛貴
じゃあね〜
[歩いていく]
あなた
バイバイ〜
ーーーー家ーーーー
あなた
ただいま〜!!!
廉
おかえり〜
ソロどうやった〜??
あなた
むっちゃ緊張した〜
優太
優太
[部屋から出てきた]
え!?帰ってきたの!?
言ってくれたら迎えに行ったのに!
あなた
ああ。
雄登と飛貴が送ってくれたから大丈夫!
優太
優太
あ。そうなんだ。
え?もう2人帰っちゃった?
あなた
うん。
優太
優太
言ってくれたら送ったのに〜
あなた
あー。私も言ったんだけど、大丈夫だって〜
優太
優太
そっか〜
廉
というか、はよあがろw
あなた
はーいw
ーーーー部屋ーーーー
あなた
あー。ソロ緊張したな〜
.......



まあ、ソロも緊張したけど、帰り道、怖w
いや、ほんとに雄登と飛貴いて良かったw


今日は誰かに見られてる感じしないし。
明日はキンプリがいるから大丈夫かな?




いうか、雄登にバレたの一瞬だったしw
流石にちょっと怖いわww
あなた
まあ、そういうところに感謝してたりもするけどw