無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第120話

☆111☆
雄登side


ーーーーアンコール中ーーーー

さっき、あなたが泣いたのは、なんだったの??


キンプリの記憶が戻った?


廉くんの記憶が戻った?





そしたら、俺は.......1人になる。











お願い.......記憶なんか、一生戻らないで。



飛貴side


ーーーーライブ終了ーーーー
直樹
直樹
.....じゃあ、みんな、挨拶に行こっか
あなた
.........
雄登
雄登
......あなた?
あなた
.......ごめん。先に帰るね。
キンプリの皆さんには謝ってて。
[帰る]
雄登
雄登
え!?あなた!?
飛貴
飛貴
あなた!?
.........那須!行ってきて!
雄登
雄登
.......分かった。
[あなたを追いかける]
直樹
直樹
......どうする?楽屋行く?
飛貴
飛貴
うん。言わないと。
あなたの記憶が戻ってないこと。
龍我
龍我
........やっぱり、戻ってないよね。あの反応。
飛貴
飛貴
うん。





ーーーーキンプリの楽屋ーーーー
美少年
美少年
失礼します
(雄登以外)
廉
.......あなたは?
飛貴
飛貴
........すいません。先に帰ると言って、どこかへ......
あ。でも、那須が追いかけてます。
廉
......そっか、
優太
優太
あなたの記憶は戻ったの?
飛貴
飛貴
.........
勇太
勇太
そっか。
龍我
龍我
でも......あなた泣いてました。
海人
海人
え?泣いてた?
一世
一世
廉くんのソロの終わりに.....
紫耀
紫耀
.......廉のソロ.....
廉
.......あなたにもちょっとは伝わったんかな。
勇太
勇太
廉、良かったじゃん
廉
そうやな.....可能性は見えた。