無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

☆26☆
ーーーー次の日ーーーー
昨日のこと、なんか忘れられないんだよね。

っていうか、昨日からずっと誰かに見られてる感じ。


部屋にいるときも、どこにいても誰かに見られてるみたいな感じがする。


まあ、とりあえず仕事行こっと。
ーーーー楽屋ーーーー
あのね、今日、初めてかもしれないソロなんですよ💕

言ってなかったかもだけど、私、女子ってこと公表したんだよ。
廉と結婚したぐらいにね?

↑設定、たまに忘れてるんですけどねw by作者

あ。結婚したことは言ってないけどね?
流石に殺されちゃうw



まあ、だから、ソロでテレビっていうかバライティーに読んでもらうこともあってね。

まあ、結構緊張するけどw
とりあえず、ソロってこんなに暇なんだね。

楽屋ってガヤガヤしてるものだったからw

コンコンッ
あなた
どうぞ〜
雄登
雄登
あなた〜
救世主かな?
あなた
雄登!!
雄登
雄登
暇なんだろうな〜って思ってきてあげたw
あなた
え?雄登はどこでなにしてたの?w
雄登
雄登
となりのスタジオで撮影。
あなた
え!?ほんとに!?
やった!!
雄登
雄登
お前のことはなんでも分かるから✨
あなた
ありがとうw
雄登
雄登
さあ、じゃあ、なにがあったのか話してみなさい。
あなた
.......え?
雄登
雄登
え?なにか昨日あったでしょ?
待って。ほんとにこの人怖。

最近、今まで以上にやばいよ?w
あなた
.......なんか、コンビニ行ってたら誰かに帰り道つけられた。
雄登
雄登
え。ストーカー?
あなた
うん。まあ、そうかも。
雄登
雄登
.......じゃあ、今日は送るよ。
あなた
え?でも、撮影終わる時間って違うよね?
雄登
雄登
あなた、何時?
あなた
えっと、この後、レッスンとか会議とか入ってるから、
21時とか?
雄登
雄登
おれも、全部の仕事が終わるって考えたら....20時。
あなた
え。1時間あるじゃん。
雄登
雄登
いや、待ってるよ。
あなた
いや!21時なら大丈夫だって!
雄登
雄登
いや、もう暗いから!
あなた
でも〜
雄登
雄登
ストーカーがいたら、1人だったら何もできないでしょ?
あなた
う.......
雄登
雄登
じゃあ、大人しく守られてくださーい。
あなた
はーい。
雄登
雄登
じゃあ、おれもう行くから。
あなた
頑張ってね〜
雄登
雄登
はーい。