無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

☆37☆
雄登side



ーーーー帰り道ーーーー

昨日ぐらいから、なぜか後ろから誰かがつけてきてる感じがする....
ファン
あ、あの!那須くんですよね!!
雄登
雄登
あ、はい。
ファン
きゃー!!ファンなんです!!
雄登
雄登
あ。そうなんですね!ありがとうございます!
ファン
これからも応援します!!
雄登
雄登
うん。ありがとう!
....おかしい。




ファンの人がおかしいわけじゃないけど、
最近こういうことが増えた。




マスクしたり、メガネしたり、帽子かぶったりしているのに
目撃情報が増えている。


この前なんか、車で移動していたのに、
降りたらファンのみんなが集まっていた。

その時は、着く場所が把握されていた。





普通に目撃情報が出るのはわかるけど、
流石におかしすぎる。

それに、ファンのみんなが押しかけてきたりする。
でも、その人達は大体同じような人の気がする。






そんなことが多いけど、
まるで誰かが何かから気をそらそうとしているみたいに感じる。
雄登
雄登
.....なにもないといいけど(ボソッ