無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第95話

☆88☆
ーーーー次の日ーーーー


やば。
昨日、あれからすぐに寝ちゃったんだ。


でも、なんか寝た気がしないって言うか.......疲れが取れてないかもw
プルルルルル   プルルルルル
あなた
ん?誰からだろ?
あなた
📞もしもし〜?
廉
📞あなた!?!?!?!
あなた
📞廉!?
廉
📞やっと繋がった!!!
あなた
📞え?いつからかけてたの?
廉
📞昨日の夜ぐらいから。
あなた
📞あ。ごめん。その時寝てた。
廉
📞暇人やんw
あなた
📞うるさいwっていうか、それいうため?w
廉
📞アホwそんなわけないやろw
あなた
📞じゃあ、話って?
廉
📞....それより、昨日何かあったん?
あなた
え?
廉
📞声がちょっと.....震えてるみたいやで?
あなた
📞.......大丈夫!昨日、雄登とちょっと言い合いになっただけだから!
廉
📞....そっか。じゃあ、俺が言いたいこと話していい?
あなた
📞うん!
廉
📞あのな、俺たちのこともう言おうかなって。
あなた
📞え?