無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第94話

☆87☆
雄登のバカ。雄登が💖💖に助けられて、雄登もこれで信じてくれると思った。

でも、雄登はなんで信じてくれなかったの?




それに!飛貴のバカwもう嘘がバレバレw

一世がここにきた時、夜からって言ったじゃんww










でも、一番バカなのは私。

なんであんなに怒鳴ったんだろ。



はじめはそんなことする気なかった。

別に、ちょっというだけだったのに。



なんであんなに、言っちゃったんだろ。

雄登は信用しろって言ってるのに、人のことは信用しないで......

そんなこと考えてたら、怒鳴ってしまってた。



雄登に悪いことしたな......
美 少年のみんなもせっかくきてくれたのに.......



全部私のせいか.......







ただ、
あなた
雄登から.......距離置こうなんて.......言うなんて..........(泣)
私、本気でバカじゃん。


せっかく、ずっと信じてくれてた人とこんな喧嘩で距離置きたいって言わせるなんて.......






あなた
誰かに会いたい。





違う誰かじゃない。




自分でもわかってる.......
























































あなた
雄登.......廉.....(泣)
私は、それからすぐに眠りについた。