無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第89話

☆82☆
雄登
雄登
なにしに来たわけ?
なに?俺らのこと殺しに来た?
あなた
ちょっと!雄登!
雄登
雄登
......
💖💖
💖💖
あ、あの。
わ、私......私もあなたさんを守ってあげたい.....
あなた
え?
雄登
雄登
は?誰がそんなことさせると思う?
お前になんかに守ってもらわなくても、俺が守るから。
💖💖
💖💖
......私に信用はないことは分かってる。
だから、信用しなくてもいいから.......協力させて。
雄登
雄登
誰が、お前の協力が居ると思う?
あなた
.....私はいいと思う。
雄登
雄登
はあ!?
あなた?💖💖は💗💗の妹!
信じられるわけないでしょ!?
あなた
私も完全に信じようとは思わないけど......
ちょっとは信じてもいいんじゃない?
雄登
雄登
でも.......
あなた
お願い!!
協力してくれる人は多いほうがいいでしょ?
雄登
雄登
そうだけど.......信用できない。
あなたがまた傷つくかも。
あなた
大丈夫。💖💖だから。
雄登
雄登
.......はあ。その自身はどこから来るわけ?
あなた
勘!
雄登
雄登
ねえ、真剣に考えてよ.....
あなた
でも、人数替え欲しいのは本当だし、
💖💖は💗💗ちゃんのことよくわかるじゃん??
雄登
雄登
.......わかったいいよ。
あなた
やった!!
💖💖
💖💖
ほ、ほんと!?
雄登
雄登
ただし、俺は絶対に💖💖を信用しない。
あと、何か行動しようとするときは俺にいうこと。
💖💖
💖💖
わかった。
あなた
雄登、厳しすぎないようにね?
雄登
雄登
.....わかった。
💖💖
💖💖
じゃあ、私、これから仕事だから。
あなた
うん!じゃあね!
💖💖
💖💖
うん
[部屋を出る]
飛貴
飛貴
ねえ、あなた、本当に信用して大丈夫?
あなた
大丈夫でしょ!
龍我
龍我
でも、何かあったら.......
あなた
.....💖💖ちゃんは雄登が落ちたときとか助けてもらったし。信用していいと思う。
直樹
直樹
まあ、あなたが言うなら.......
雄登
雄登
..........