無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

☆24☆
ーーーー次の日ーーーー
今日は美少年の楽屋行かないと.......

💙💙に会うんだ.......
ーーーー美少年の楽屋ーーーー
💙💙
💙💙
イェーイ!
私が来たらなんか知ら分かんないけどうきなす以外のメンバーと💙💙ちゃんが仲良くしてるんだけど
雄登
雄登
あ。あなた来た。
あなた
おはよ!
雄登
雄登
おはよw
じゃあ話すかな。
あ。まだ話してなかったのねw
雄登
雄登
ちょっと、全員聞いて〜
龍我
龍我
ん?那須?どうかした
雄登
雄登
今から話すこと分かってるんじゃなーい?
ね?💙💙?
💙💙
💙💙
!?
大昇
大昇
え?なになに?
雄登
雄登
💙💙が昨日あなたのこと殺そうとした。
美少年
美少年
.......え?
(那須以外)
飛貴
飛貴
ちょっと!?
それは聞いてないよ!?
雄登
雄登
言ってないからね
飛貴
飛貴
えー。言ってよ〜
あなた
あの、2人とも?話し進めて?
飛貴
飛貴
あ。ごめんw
一世
一世
そ、それってどういうこと?
雄登
雄登
昨日、💙💙があなたと遊ぶとか言ったんだけど、
どっかの部屋に連れて行って、ナイフでさそうとした。
で、俺が駆けつけた✨
直樹
直樹
昨日早く帰ったのってそれのため!?
雄登
雄登
うん。
龍我
龍我
え?あなた、どこも怪我してない???
あなた
うん!大丈夫!
💙💙
💙💙
.....グスッ.....ひどいよ....グスッ.....嘘つくなんて...グスッ...那須くんひどい...
飛貴
飛貴
ごめんね?俺も何かしたらよかった.......
あなた
う、ううん。大丈夫だよ?
雄登だってきてくれたし。
直樹
直樹
那須じゃなくて俺が助けたかった〜!
💙💙
💙💙
....グスッ........グスッ......
あなた
そ、そう?
大昇
大昇
那須と一緒に帰ればよかった〜
あなた
え、えっと〜
雄登
雄登
はあ。お前w反応やばすぎw
あなた
だ、だって泣いてるし.......
雄登
雄登
は?こんなの嘘泣き。
だろ?💙💙w
💙💙
💙💙
.......なんでそんな女の方を信じるの....
一世
一世
今更裏切らないよ。
💙💙
💙💙
.......
龍我
龍我
ずっと見てきて、信じてきたんだよ?
💙💙
💙💙
.......
飛貴
飛貴
それに、那須がそんな嘘つくと思う?w
💙💙
💙💙
.......
[部屋を出ようとする]
雄登
雄登
おい。まてよ。
[💙💙の手を引く]
なんでこんなことした?
💙💙
💙💙
私は💗💗の親友なの。
💗💗に辛い思いさせたから。
雄登
雄登
💗💗がどんなことしたか知っててやってるの?
💙💙
💙💙
もちろん。
だからこそ親友なんだからやらないと。
雄登
雄登
あっそ。お前が💗💗のこと信じるのはどうでもいいけど
今度あなたを傷つけるようなことしたら...........
[💙💙の胸ぐらを掴む]
....死ぬより辛い思いするぞ?
え。雄登怖←


なんか、言葉も怖いけど.......オーラがw
💙💙
💙💙
ヒッ.......
[逃げる]
雄登
雄登
さ。あなた、帰ろっか!
あなた
う、うん!
雄登の怖さ知ったわw




まあ、この後雄登がジャニーさんに言ったらしく、
💙💙ちゃんはそれから呼ばれることはなくなった。