無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

☆38☆
あなたside



ーーーー数日後ーーーー

あれから数日経つけど、☆☆くん達と💗💗ちゃん達に絶対に1日は会う。
そして暴力を振られる。

でも、いつも暴力を振られるのは見えないようなところだけ。


なんか、昔に戻ったみたい。






辛いよ。
コンコンッ
あなた
どうぞ〜
廉
[部屋に入る]
おはよ〜仕事行くで〜
あなた
はーい!
今日は全員いて、みんなでの行動しかないから大丈夫だと思うんだけど........

それに少クラもあるし、流石に大丈夫でしょ
ーーーー少クラの楽屋ーーーー
みんな、それぞれで過ごしてたんだけど、
ちょっと問題が起きちゃった。


ピロンッ
??
✉️階段裏に来い。来なかったらわかるよな?
だれかからのメール。


どっちかだよね。
あなた
ちょっとジュース買ってくる〜
廉
あ!俺も行く〜
あなた
ううん。ちょっと1人で行きたいからいい?
廉
え?まあええけど.....
あなた
ありがとう。
[部屋を出る]
廉
..........
ーーーー階段裏ーーーー
??
あ!来た〜!!w
あなた
.....♪♪ちゃん....
☆☆
☆☆
そんなにビビんなってw
あなた
.....今から撮影だからもう行っていい?
♪♪
♪♪
なにそれw呼んだ意味ないじゃんw
あなた
.........もう来ないでよ.....
♪♪
♪♪
なんで?w
あなた
仕事の迷惑。
♪♪
♪♪
.....あなたさ、言うようになったよね?w
あなた
だから?.....
♪♪
♪♪
私さ、口答えしてくる時の人の目が大嫌いなの。
あなた
.....
♪♪
♪♪
でも、そんな人の目が、
壊れるの大好きなんだよね!
あなた
.........
[後ずさり]
♪♪
♪♪
ねえ、あなたの目.....













































'' 壊したいな ''