無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第138話

☆126☆
廉
え。
[ダッシュ]


俺は、あなたが見えたら、無意識で走っていた。
ファン
きゃーーーー!!!
廉
あなた!!!!!
[抱きつく]
あなた
わ!?
ファン
きゃーーーーーーーーーー!!!!!
あなた
廉!ただいま!!!!
廉
え....おかえり!!!!




ほかのメンバーも次々と走ってきた。







勇太
勇太
......おかえり?
あなた
うん!勇太!ただいま!!!!!
紫耀
紫耀
!!!!おかえり!!!!
海人
海人
おかえり!!!!!
優太
優太
おかえり!!!!
あなた
ただいま!!!!!





感動の再会のせいで、誰も歌えなくて、




君にありがとうがまるでBGMみたいやw










でも、それより.......あなたが戻ってきた。







このあなたは.......俺を好きでいてくれるあなた.......









廉
あなた、ほんまに好きやで!!!!
あなた
私も!!!!!










そしたらみんな泣き出してしまって、

マホロバなんかほぼ歌えてないんやけど←←




マホロバの次の紫耀のソロもやばいしw











でも、帰ってきた。













あの、あなたが帰っきた。







この事実だけで他のことが良くなってしまうなんて、
ホンマにあなたのこと大好きすぎるなw