無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第107話

☆99☆
ーーーー病室ーーーー
あなた
.......
廉
あなた.......
あなたは頭や腕などに包帯が巻かれていた。
紫耀
紫耀
.....廉、大丈夫。
廉
.....うん.........
俺は、あなたの横にあった椅子に座った。
廉
[あなたの手を握る]
あなたの手はあったかくて、どこか優しくて、温もりがあった。
廉
目、覚ましてや.......
なんで.....??





やっぱり俺のせいや。


メンバーはああ言ってくれたけど、俺が♪♪とキスせんかったら、

あなたは逃げんかったし、事故に合わんかったやんな。













どう考えても俺のせいやん。













でも、お願いやから......





俺はどうなってもええから.....






あなたの目を覚まして.....














また、俺に笑顔で笑いかけて。













それ以外なんもいらんから。











お願い.......
































































あなた
ん.......
キンプリ
キンプリ
え!?
あなた
んん....
[目を覚ます]
廉
あなた!!!
あなた
え。
[手を払う]
廉
え?あなた?
あなた
あ、貴方達、誰ですか。