無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第85話

☆78☆
ーーーーキンプリのシェアハウスーーーー
あなた
[チャイムを押す]
バタバタバタ
優太
優太
[ドアを開ける]
はーい!ってあなた!?と那須くん!?
あなた
やっほー
雄登
雄登
こんにちは〜
優太
優太
と、とりあえず上がって!!
あなた
は〜い
ーーーーリビングーーーー
あなた
うわ〜変わってなーい!
廉
そんな短時間で変わらんってw
あなた
それもそうだねw
優太
優太
って!そんなことより!!!!
あなた
あ!報道!!!!!
廉
あれ、ほんまに誰がしたんやろ。
雄登
雄登
.......♪♪と☆☆と💗💗と💙💙....です。
玄樹
玄樹
あ。やっぱり?
紫耀
紫耀
え?やっぱりって玄樹分かってたの?
玄樹
玄樹
まあ、予想だけどね.....
勇太
勇太
でも、これ、どうしたらいいのかな?
あなた
......これから、私と雄登で♪♪ちゃんたちのところ行ってくる。
キンプリ
キンプリ
え!?
廉
危ないやろ!?!?
雄登
雄登
でも、俺たちが色々悩むより、本人たちに聞いた方が早いですし。
海人
海人
で、でも!2人だけって危険だよ!?
あなた
......雄登がいるから大丈夫!
優太
優太
でも、あっちは人数があるし......
紫耀
紫耀
俺たちが行けたらいいけど、これから仕事だからな......
玄樹
玄樹
あ。じゃあ、俺も行こうか?
勇太
勇太
いや、玄樹は危ないでしょ。
パニック障害だってあるんだし.....
玄樹
玄樹
でも、2人だけ行かせるのは.....
あなた
もう!2人で大丈夫だから!w
玄樹は安静にしてないとダメだし!
キンプリは仕事なんだし!
廉
んー。心配やな〜!!
雄登
雄登
大丈夫です。
俺が絶対守りますから!
優太
優太
んー。本当はやめてほしいけど、俺らもうそろそろでないとだし、
止めてもどうせ行くんでしょ?
あなた
うん!
勇太
勇太
......もう仕方ないか。いってらっしゃい。
でも、絶対に危ないと思ったら逃げてよ?
あなた
分かった!!
雄登
雄登
じゃあ、行こっか。
あなた
うん!
[部屋を出る]
廉
那須、あなたのこと絶対守れよ?
雄登
雄登
もちろんです。
[部屋を出る]