無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第129話

☆118☆
雄登side




ーーーー数日後ーーーー



俺は、数日間仕事にあまり集中できなかった。




あなたにああ言ってしまったことが

正しかったのか

間違っていたのか

ずっと考えていた。





飛貴
飛貴
.....須.........那須...........那須!!!!!!!
雄登
雄登
え!?あ、なに?
飛貴
飛貴
ほ!ん!ば!ん!
始まるよ!?
雄登
雄登
え。あ。ごめん。
今行く。
飛貴
飛貴
.......





仕事にも影響を出すなんて、ダメだな....








ーーーー仕事終わりーーーー
飛貴
飛貴
那須!!!
雄登
雄登
え?なに?
飛貴
飛貴
ちょっときて!!!!
[那須の腕を引いて、部屋を出る]



ーーーー空き部屋ーーーー
雄登
雄登
こんなところまで連れ出してなに?w
飛貴
飛貴
.......那須、あなたとなにがあったの?
雄登
雄登
.....は?
飛貴
飛貴
那須、最近集中してなさすぎ!!!!
しかも、King & Princeさんのライブに行ってから!!!
あなたと何かあったとしか考えられない!!!
雄登
雄登
.......別になにもねえし。
飛貴
飛貴
は!?嘘!!!
なに?喧嘩でもしたの??
雄登
雄登
違う。
飛貴
飛貴
じゃあ、なに!!!
雄登
雄登
......なんでもいいだろ。
お前には関係ないんだよ。
[部屋を出る]




俺はそれから、走って帰った。








浮所にあなたに言ったことを言ったら、

なんて言われるか。










自分でも悪いことしたとは思ってるんだよ.......






でも、こうでもしないとダメなんだよ.......