無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第135話

☆123☆
シンデレラガールが終わって、キンプリがこっちに戻ってきた。
あなた
グスッ....グスッ.....
雄登
雄登
.......
廉
あ...あなた...ちゃん。







伝えないと.....









記憶が戻ったって.......
















ただいまって.........












あなた
........た....た......
廉
た??
あなた
....た......大昇のところ行ってくる!!!!←
雄登
雄登
え?
廉
は?
あなた
[走っていく]






















なんだよ!!!大昇のところ行ってくるって!!!!←



もう.......何言ってるんだろ.......



ーーーー自動販売機のところーーーー


あなた
はあああああああああ。
雄登
雄登
あれ?w大昇の所は?w
あなた
.....うるさい
雄登
雄登
なに?wあれw
あなた
........いいことも思い出したら、悪いことも思い出した。
雄登
雄登
.........
あなた
廉が♪♪ちゃんとキスしたのも、
雄登と喧嘩したのも。
雄登
雄登
ッ.....
あなた
.......雄登は、雄登なりの考え方......なのかもだけど、少しは私以外も信じて?
雄登
雄登
.......それはわかってるけど.....
やっぱり、怖いんだよ。あなたにこれ以上なにかあるのが。
あなた
何も起きないようにだよ、
雄登
雄登
え?
あなた
......何も起きないようにするために
私は💖💖ちゃんを信じる。
雄登
雄登
........ちょっと考えさして。
あなた
うん、わかった。
雄登
雄登
それより......今はキンプリの皆さんのことを考えな?
あなた
.....うん。
雄登
雄登
......なんでキンプリの皆さんには言えないの?
あなた
......やっぱりショックだったんだよね。
雄登
雄登
.......
あなた
廉にはちゃんと理由があったって分かってる。
でも.....やっぱり、ショックなの。
雄登
雄登
.....じゃあ、キンプリに戻りたくないの?
あなた
そんなわけない!!!
雄登
雄登
.......じゃあ、戻りなよ。
あなた
で、でも、休んだ理由がまだ..
雄登
雄登
見つかってるよ、
あなた
え?
雄登
雄登
休んだ理由は、グループに必要なのか
自分の役割はなんなのかをかんがえるんだったでしょ?
あなた
うん。
雄登
雄登
キンプリの皆さんにこれだけ必要とされてて、
あなたのためにキンプリの皆さんは色んなことした。
あなた
........
雄登
雄登
キンプリの皆さんにはあなたが必要不可欠なんだし、
あなたの役割はキンプリの皆さんを支えて支えられることでしょ?
あなた
......ありがとう!
雄登
雄登
....じゃあ、どうやって戻る?
あなた
.......ちょっと、サプライズにしない?w
雄登
雄登
え?