無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第136話

☆124☆
廉side






今日は、キンプリのライブの日。




そして、昨日那須からメールがきた。





その内容は
雄登
雄登
✉あした、あなたをライブに連れていきますね!
だった。


いや、急すぎん!?!?!?!?!?





っていうか、結局この前の少クラではあなたが
岩崎のところ行ったきり合わんかったし。




やっぱり、戻ってないんやろうな......



廉
.......会いたい。(ボソッ






会いたくて、会いたくてやばいわ。



そのうち、壊れてまう。

優太
優太
なんか、廉、少女漫画みたいなことしてるw
廉
え?
紫耀
紫耀
会いたい(ボソッ
って、少女漫画じゃんwww
廉
え!?は!?声に出てたん!?
海人
海人
うわー!
少女漫画あるある!!
廉
うるさいわ!w
勇太
勇太
ほら、もう時間だよ〜?恋する廉くん〜?w
廉
もー!まじうるさい!w



まじで、メンバーがうるさい!www







まあ、そのおかげでまだ前を向けてるからいいんやけどw






なんか、俺ツンデレ見たいやんw←