無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第112話

☆104☆
あなたside


今日はオフなので、雄登のところに行きます💕💕
ーーーー美 少年の楽屋ーーーー
あなた
ゆーうーとー💕💕
雄登
雄登
あ。おはよ!
あなた
おはよ!
飛貴
飛貴
あー!あなた!!!
あなた
みんなおはよ〜!
雄登
雄登
っていうか、あなた仕事じゃないのにきたわけ?w
あなた
まあw
でも、雄登に会いたかったんだからいいじゃん💕💕
雄登
雄登
/////
あなた
雄登、照れた〜💕
龍我
龍我
ん?ちょっと待って。
何が起きてるの?
飛貴
飛貴
え?なに?デレ期?
雄登
雄登
いや、えっと〜その〜
直樹
直樹
なす、さっさと言った方が自分の身のためだよ。(ニコッ
雄登
雄登
あ。はい。
俺たち付き合うことになりました。
美少年
美少年
............はあ!?
(雄登以外)
大昇
大昇
え?え?
あなたって廉く..
雄登
雄登
わー!!!!!
あなた
ビクッ!え?え?なに?
雄登
雄登
いや!そこに虫がいた!!!
あなた
え!?どこどこ!!!
雄登
雄登
多分、もうどっか行った!!
あなた
そ、そっか。
飛貴
飛貴
.......ふり..
雄登
雄登
浮所?ちょっと黙ってろ。
飛貴
飛貴
あ。うん。
あなた
え?え?なんの話?
雄登
雄登
あなた、ごめん!ちょっとジュース買ってきて!
俺たちいつ呼ばれるかわからないから!!
あなた
え?まあ、いいけど。
雄登
雄登
うん!じゃあ!よろしく!!
[あなたを部屋から押し出す]
あなた
.....雄登、どうかしたのかな??




雄登side


ーーーー美 少年の楽屋ーーーー
一世
一世
.....那須、あれはどういうこと??
飛貴
飛貴
不倫?
雄登
雄登
違う!
.....廉くんからお願いされたことだし。
大昇
大昇
え?廉くんが?
雄登
雄登
.......今、あなたはキンプリのこと忘れてるんだよ。
美少年
美少年
え?
(雄登以外)
雄登
雄登
それで、廉くんがキンプリがいない中
あなたを守れるのはお前だけだって言われて。
龍我
龍我
そんなことがあったんだ.....
雄登
雄登
うん。だから、なるべく廉くんやキンプリの話はしないで。
お願い。
直樹
直樹
それは全然いいよ!
飛貴
飛貴
........那須はそれでいいの?
雄登
雄登
は?
飛貴
飛貴
.......後悔はしてないの?
雄登
雄登
.......してない....
飛貴
飛貴
.......そっか。
雄登
雄登
.....とりあえず、キンプリの話は控えてくれたらいいから。よろしくね。
美少年
美少年
うん。
(雄登以外)