無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

☆53☆
ーーーー帰り道ーーーー

さっき少クラが終わって、帰り道。

みんなは食事に行ったり、撮影があったりして、1人で帰ってまーす。






んー。暇。←
ファン
あ、あの、あなたちゃんですよね!?
あなた
え?はい!そうですよ!
おぉ。男性ファン✨✨

そして若いなw



男性ファンから声かけられるって嬉しいww
ファン
あの、握手いいですか!?
あなた
うん!いいよ〜!
[手を差し出す]
ファン
[手を握る]
ありがとうございます!!
これからも頑張ってください!!
あなた
うん!
ファン
なーんて。
[あなたの手を引く]
あなた
え?
手を引かれて......


待って....いや.......キスしちゃう......だれか.......
??
[あなたの手を引く]
あなた
!?
ファン
は?.......なにしてくれてるの?
雄登
雄登
それはこっちのセリフ。
俺の親友になにしようとしてるの?
あなた
雄登....??
ファン
あ。お前、この前熱愛が出たやつじゃんw
お相手とはどうですか〜??w
雄登
雄登
なに、あんなガセ情報に惑わされてるの?
熱愛なんか、お前が今やろうとした感じですぐに作れるんだよ。
お前だって♪♪と☆☆に雇われたんだろ?
ファン
!!.........
あなた
え?♪♪ちゃんと☆☆くん?
雄登
雄登
.......これ以上何かしたら、どうなっても知らないよ?
[睨む]
ファン
...........
[逃げる]
雄登
雄登
.........あなた、大丈夫?
あなた
.....うん。
........でも、なんで雄登はここに?
雄登
雄登
あなたが1人で帰るって聞いたから心配で。
あなた
......そっか。
雄登
雄登
じゃあ、もうそこだから大丈夫だよね。
あなた
え?.......うん。
雄登なら家まで送ってくれるのかと.......
雄登
雄登
あ。今みたいなこと、増えると思うから帰り道は誰かと帰った方がいいよ。
じゃあね。
[去る]
あなた
え..........
なんか、違う......


ずっとあるこの違和感はなに?




ずっと雄登のこと見てきた。


でも、雄登の行動が.....雄登が何か違う。


って言うか、雄登、助けてくれたんだよね?


...........



それに、ガセ情報って.....

.......じゃあ、今私は取られそうに?




雄登、何か言ってよ.......




前みたいに助けてよ.......




























私の隣にいてよ.......