無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2.イケメンは百害あって一利なしです
鷹見リョウト
鷹見リョウト
ゴメン、今日は彼女と約束があるんだ
放課後、可愛い女子たちに囲まれていた男がそう言って取り巻きたちから逃れてきた。
天は二物を与えずというけれど顔良し、性格良し、文武両道と噂される高スペック保持者の鷹見たかみリョウトを見ているとそれは嘘なのだとハッキリわかる。

彼が私を見つけるや否や片手を上げて爽やかな笑顔と共にこちらまでやってきたせいで、鷹見リョウトに放課後デートの誘いを断られた女子たちの視線が一斉に突き刺さった。

私は頬をひくつかせながら、学園一のイケメンと学園一影の薄い私を強引に結びつけた黒い糸を睨む。
私の小指と鷹見リョウトの小指には運命の赤い糸ならぬ呪いの黒い糸が結ばれている。
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
(こんなことになったのも全部こないだの夢のせいだ……)
古ぼけたオンボロ神社で神様を馬鹿にした日の夜ーー私の枕元に巫女さん装束を着た綺麗な女の人が立っていました。
縁結びの神様
縁結びの神様
こんばんは、ご機嫌いかが? 
私はとってもご機嫌ナナメです
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
誰?
縁結びの神様
縁結びの神様
縁結びの神様です
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
は、はああああ!?
縁結びの神様
縁結びの神様
役立たずな神様でごめんなさいね!  
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
まさかオンボロ神社の神様?
ポロリと口から出てしまった本音に自称神様の柳眉がピクリと吊り上がった。
縁結びの神様
縁結びの神様
オンボロ神社……オンボロ……オンボロ……ふふ
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
(ヤバい、地雷踏んだかも……)
 はい、とてもカンカンに怒ってしまったその御方こそ縁結びの神様だったのです。
縁結びの神様
縁結びの神様
神様のことを馬鹿にするなんて罰あたりな悪い子たち! 
神様は怒っちゃいました。2人には呪いの黒い糸をプレゼントしちゃいますっ!
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
横暴ですっ! しかも2人って何!?
縁結びの神様
縁結びの神様
はい、もう1人は男の子です。神様は存在しない、自分の力が全てだって言われました。
失礼極まりないですよコレ。あなたにも彼にもたくさんの縁を結んであげています。
なのに全否定されちゃった私はとても可哀想!
よよよ、と大げさに泣き崩れながら服の袖で目元を押さえる縁結びの神様……しかし理解が追いつかず私の頭は混乱した。
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
(夢かな。うん、きっと夢ですね)
面倒になって考えることを放棄したら急に眠たくなってきた。
神様が何か説明していたけど、だんだん瞼が重たくなっていき私は心地よい微睡みに身を委ねて寝落ちしてしまった。
翌朝の私は眠気が残ったままでぼんやりとしていた。
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
眠い……
洗面所で欠伸をしながら顔を洗っていると視界の端に黒いものが見えた。
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
んん? 黒い糸クズ?
 泡のハンドソープで両手をゴシゴシと洗ってみるが
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
とれない
黒い糸クズのようなものは左手の小指についたままだ。しかもしっかりと結ばれているような……私は昨夜の夢を思い出し背筋が凍った。

黒い糸はだらりと伸びておりどこまで繋がっているのかわからない。
 疑問を抱えたまま朝御飯を適当に済ませ、私は時計の針を見て慌てて学校へ向かった。
鷹見リョウト
鷹見リョウト
あ、おはよーええと……何さんだっけ……
下駄箱で靴を履き替えていたら随分と失礼な挨拶をされた。私の名前が思い出せないってか。
そりゃ影も薄いし暗いし地味だけど、名前すら知らないのなら挨拶せずに無視していけばいいだろう。わざわざ声をかけられる方が不愉快だ。
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
おはようございます。
どこのどなたか存じませんが、名前も知らないような私にまで声をかけてくれるなんてお優しいことで
相手の顔を確認がてら嫌味をたっぷり込めて挨拶を返すと、声をかけてきた人物は顔をしかめた。私も相手を見ただけで「げ……」と思ってしまう。


噂で聞いてはいたが、私とは正反対の人物を目の前にすると本能的に拒絶反応がでる。
鷹見リョウト、学園一のイケメン。話したこともなければ同じクラスになったこともない。だけどそんな私でも知っている程、有名な人。

彼のまとう雰囲気からは明るくて爽やか、そして誰にでも好かれそうな人当たりの良さが感じられる。
きっと私とは真逆のリア充生活を満喫しているに違いない。そんなことを考えているとなんだか無性にイラついてきた。
鷹見リョウト
鷹見リョウト
初っ端から敵対心剥き出しっていうのも新鮮だね。
いきなり声をかけたの謝るけど、そのギスギスした態度は損するだけなんじゃないかな。
初めまして、鷹見リョウトです。声をかけた理由はコレ
 彼は自分の左手の小指を立てて見せた。私は鷹見リョウトと自分の左手を交互に見比べて不吉な兆候を感じる。
倉敷アヤカ
倉敷アヤカ
……枕元に縁結びの神様が立っていましたか?
半信半疑で聞いてみると、鷹見リョウトはその場にうずくまり頭を抱えてしまった。
鷹見リョウト
鷹見リョウト
罰当たりだってさ。呪いって真面目な話なのか……
こうして私と鷹見リョウトはめでたく呪いの黒い糸で結ばれてしまったのでした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

下月いつる
下月いつる
マイペースに頭の中で空想を楽しみながら活動しております。 男前ヒロインやクセのあるキャラが大好物で個性強すぎアク強すぎな子たちが出てくるお話を探し求めて日々さすらっています。 ファンタジー色やシリアス色の強いジャンルが好き。 読書や文字書き作業中のお供はクッキーとラジオ、紅茶とコーヒー(ただしカフェインレスに限る)です。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る