無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

😈

神楽side




今日はリモートでのお仕事で温泉旅館に来てまーす!





樹が企画進めてくれててスタッフさんが来たみたいで今中断してr……





田中「 ……いたっ! 」





すると画面に映ったのはよく分かんない人で、パイプ椅子を振り回してて。





『 …… 』






松村「 樹の部屋の近くの人いる? 」





京本「 どうすればいいの? 」





髙地「 樹! 」





ジェシー「 行くってこと?! 」





森本「 鍵閉めるわ 」





瓶みたいなもので殴られてる音が聞こえる。





『 行くわ 』





松村「 待ってあなた! 」





  「 相手は武器持ってるんだぞ!女の力じゃ勝てないよ!! 」






『 ……でも樹が!! 』





ジェシー「 俺も行こうか?! 」





髙地「 樹どこの部屋にいんの? 」






森本「 下手に動かない方が…… 」






『 行ってくるね 』





京本「 すげぇ。 」





松村「 誰か他に助けに行けるやついる? 」





森本「 俺もう鍵閉めた 」





ジェシー「 樹の部屋がどこか分かんない!! 」





『 樹!!!!!!! 』





田中「 あなたっ……! 」





パイプ椅子を持った男が走ってくる。






『 うわっ!! 』





髙地「 あなたっ!!! 」





松村「 神楽、聞こえる?? 」





『 …… 』






京本「 え、ヤバいんじゃない? 」





ジェシー「 え、どうする? 」





ぱーん





松ジ髙京森「「「「「 うわあああ! 」」」」」





赤い男達がそれぞれの部屋でクラッカーを鳴らしている。





田中「 てってれー! 」





『 ドッキリ大成功ー!! 』





ジェシー「 なぁんだよぉーAHAHA 」





京本「 ええ!笑笑 」





松村「 (良かった。 )」





髙地「 あなたも仕掛け人だったわけ?? 」





『 違う 』





田中「 俺の部屋入る前にスタッフから説明されたんだよね 」





森本「 あなたが行った時はマジでビビった笑 」





田中「 ほんと良い奴だよなぁ 」





『 ありがと 』





田中「 助けに来なかったやつは後でしばき倒しときます笑笑 」





『 松村以外ね 』





松村「  ふはっ 」





森本「 北斗だけずりぃー 」





田中「 鍵閉めてたやつが言うセリフじゃねーだろ笑 」





森本「 てへっ 」





田中「 てへじゃねーよ笑笑 」





松村の方を見ると目があった。





と思ったら笑いながら逸らされた。





何が言いてぇんだよ!!!










Twitter





@
森本しっかりしてWWWWWW





@
なぁ田中ガチ照れやめろよ💢(`_´)💢





@
みんな見た?!ねぇ見た?!最後のかぐまつのキュンキュンするやつ!!
│
@
見ましたああああ!可愛すぎる🐶💗





@
あなたちゃんカッコよすぎる。。。





@
まつかぐに惚れそうになった😇
刑事ドラマの長年連れ添ってきた相棒感パネェ!!🤤





@
神楽がすぐ動き出すあたり……!!大男達ちっちゃい女の子に負けてんじゃん笑





@
樹になりたかった人生でした😢





@
神楽ちゃん好感度爆上がりだわ🤦‍♀️