無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

もちづきみきる🥀さん request4
あなた

あ、菅田くん

菅田将暉
あなたちゃん、久しぶり、どう?そっちのグループ
あなた

もう余裕だよ〜あとは設置するだけ

菅田将暉
さすが美術班、楽しみにしてる
あなた

あと一週間だからね、ラストスパートじゃん

菅田将暉
そうやな、最後まで頑張ろ



放課後の教室。


夕日が差し込む二人きりだけの空間。


本当は言いたいことがあって。

あなた

あのさ、菅田くん

菅田将暉
うん?
あなた

前、一緒に買い物行ったじゃん?はちまき買いに

菅田将暉
あー、うん、あったねそんなこと

そう言って笑う彼の顔みて心がキュンってなる。
あなた

あの時、勝手にかえってごめんね

菅田将暉
ん?あー、全然ええよ!用事かなんか出来たんやろ?
あなた

いや、そーいう訳じゃなく、て

菅田将暉
じゃあ、お腹痛くなったとか
あなた

あ、まあそんな感じ……って違うから!

菅田将暉
あはは!わかってる!
あなた

…………あのね、今言うことじゃないんだけど




────────わたしね。





あなた

わたし、菅田くんの


「お前らまだいるのかーー!早く帰れ!!」


急に扉が開き先生が入ってくる。


あなた

はい!!!すみません!帰ります!

菅田将暉
あなたちゃん!何言おうとしたの
あなた

……なんでもない!忘れて!




顔なんか見れるわけない。


あと一週間で終わりなのに。


告白さえ出来ないのに。





















菅田将暉
…………俺だって